軽キャンパー旅の快適さと車中泊

lakunn私の軽キャンパーはラクーンである。スズキ 軽キャンパーとなるが車幅と全高があるためナンバーは普通車(白8)扱いだ。居住性はもちろんのこと、事務所としてもめちゃくちゃ快適である。

狭すぎもせず、広すぎもせず、ちょうどよい広さである。
すべてが手が届く範囲にコンパクトに効率よく収まっている。
だから、長期旅というよりビジネス空間そのものとなっている。

さしずめ、カツムリ風の動く事務所。
どこでも停泊したところがビジネスプレイスだ。

不自由といえば、いった先々で銭湯や温泉を見つけなけ
ればならないことだが、これも楽しみの一つとなっている。

しかし、一度快適な停泊場所を見つけてしまえばこの問題も解決。
いつもの銭湯に出かけていけばいいだけの話である。

したがって、自宅へはここ半年まったく帰っていない。
たまに家に帰ったときでも、軽キャンパーの中で寝ている。
郵便物など重要なものは全てパソコンへFAXしてもらっている。

また、停泊している限り、燃料も高速代もかからないし、夜の街に
繰り出すようなことも無い。

だから、あらゆる意味でとても安上がりで快適。

軽キャンパーの居住性については否定的な意見が多いが、
こと、ラクーンタイプのキャブコンについては、5つ星である。

だから、「通常のキャンピングカーに移住したいか?」という
質問に対して今のところ、その答えは「ノー」である。
この点については、仲間のイケイケブログも参考になる。
彼曰く、「軽キャンパー車中泊は禅修業である」とのこと。。

軽キャンパーには軽キャンパーにしかない心地よい持ち味がある。
どこにでも、停泊して、周りの景色に溶け込める。

この大げさな感じを与えないところが気に入っている。
それでいてしっかりとした居住スペース実現している。

まあ、このように365日軽キャンパーで旅をしてると出会うのが
その時々の仲間。
バックグラウンドこそ違え、根っこの部分では同じ生き方を
共有しているという意味で心地よかったりする。

先日も、サービスエリアで食事を取り車に戻ってみると、
なにやらワイパーに挟まっている、なんと同じラクーンの
お仲間さんらしい。

車中泊は、"空間"という誰に対しても等しく与えられた資源を
最大限に活かす生活スタイルではなかろうか。

そして、それを楽しみにも、仕事の効率化にもつなげられる
だけのパワーを秘めているのが車中泊だといえる。

そう、子供時代のあのいわくわくするような体験、
秘密基地の魅力が軽キャンパーの車中泊にはある。
車中泊は放浪する大人の浪漫であり人生であるのだ。

では、これらの疑問にお答えしていきましょう~☆

1)乗ってみて初めてわかる軽キャンパー居住性の体感
1)どうやって軽キャンパーで1年中生活してるの?
1)都内での車中泊で活躍する秘密ツールって何?
1)車内泊の必需品7種の神器とは?
1)サイクルキャリアの意外な利用法とは?
1)ゴミのもっとも効率のよい対策法
1)日本放浪に必須な3種の神器
1)雨でも大丈夫、室内ファンによる 換気のやり方
(豪雨の中四国山中縦断を快適になしえたある方法)
1)軽キャンパー洗濯ものをおくための意外なスペース
1)布団を置くのに最適なスペース公開
1)車中泊の肝、水ポリ、水周りの配管と補給のやり方
1)オーニングは合ったほうがいいのか、実証検証
1)車中泊の安全対策に最適なある方法を実践

20090926125254








全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター


★お得な無料レポートお届け中!★

初心者でも勝てる!コンペ必勝法
無料お申込みは下記画像をクリックしてください

初心者でも勝てる!コンペ必勝法

[閉じる]