FFヒーターとはいかなるもの??

軽キャンピングカーの暖房といえば、ポピュラーなのがFFヒーター。

一般のエンジンヒーターはラジエターの水温が上げて暖房するのだが、
FFヒーターはガソリンを直接吸い上げて燃焼させる。
つまり、エンジン止めても温かいヒーターというわけだ。
これなら燃費の面からも、エコの面からも推奨されるべきものだが、
しかし、価格が高い。

20万円近くの追加オプション費用がかかる。
(ヤフオクなどで14万円程度で購入できるが、素人には取り付けるのが
面倒。)

そこで、改めて、取り付けるだけの価値があるのかどうかといったこ
とを考えてみた。

そもそも、FFヒーターはバッテリーからチャージされるものではなく、
車の燃料(ガソリン)を使用する。

エンジンを稼動させてのヒーティングと同じようガソリンを消費するわけ
だ。ただ、問題はその際の燃費。

エンジンを稼動させていない分だけFFヒーターの燃費はよいと思われ
るが、それがどれだけの燃費の改善につながるかだ。

燃費がたいして変わらなければ、取付ける必要はないと考えたりもする。
その辺りの判断材料がほしいところだ。

結論として、FFヒーターの取り付けは、エンジンヒーターと比べた
燃費の良さ、あとは、あなたのエコ度次第ということになる。




全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター