軽キャンピングカーの換気

軽キャンピングカーの換気に必要なのが換気ファン。
エアコンを取り付けるより断然安上がりだし、冬でも夏でも大活躍。
これは弱いタイプのものでは意味がないので強力なものを
備えつけよう。

そこでお勧めなのがマックスファン。

これは、フル排気にしていると後部ドアを開けるのにも吸いつく位の
パワーを発揮する強力なファンだ。

ルーフに穴を空けるのは少々抵抗があったが、取り付けてもらって大正解。
とても役に立っている。

オプション装備の中で一番使用頻度が高いし、満足度も高い。
おかげで、30度を越えるような暑いときでもけっこう涼しい。

アイドリングでキャビンが冷えてしまうことが苦手な私にとって
これは本当にありがたい。寝苦しい夜でもぐっすり寝れる。

また、強雨などの条件時、締め切った車内でも大活躍。
どんな強風でも決して雨が入ってくることはない。

これは、大雨強風、がけ崩れの最中、四国の山道を縦断した
ときに実証済み。

換気ファンの吸気口は下向きについていて、周囲を鳥もちみたいで
完全ガードしてあるため、1時間に100ミリの大雨時でもまったく
雨がキャビン内に入ってくることはなかった。

私はこのファンのおかげで、雨天の山道でも快適に縦走している。

また、雨天時はキャビン内がモアッとした不快な感じになってしまう。
そんなとき、マックファンを排気にして走行すれば、運転席の吸気と
連動して車内はとてもドライで快適だ。

軽キャンピングカーはキャビンが狭く、完全な密室状態になると
ツライのだが、マックスファンのおかげで抜群の換気が保てている。

対費用効果からいってもマックスファンの取り付けは本当によかった。

追伸:
車内でチョロチョロ飛んで入る虫はマックスファンを回しながら
多量のキンチョールで撃退せよ。
換気だけじゃないマックスファンの意外に便利な利用法。



kcamp at 14:00│clip!装備とオプション 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター