軽キャンピングカーの安定性

20090925133847軽キャンピングカーの安定性を保つには、リアタイヤ(後輪)をワイドにしておくとよい。車高が高いキャブコンは特に車体が安定する。
また、ワイドタイヤにするなら、サスペンションも強化しておこう。

起伏のある山道を好んで走るタイプの自然派の軽キャンパーなら
これは絶対必須。
そうしておかないと、山道では乗り回しきかない。

また、4Wにはする必要はないので、その浮いた費用でワイドタイヤ
を装着するのが賢いやり方だ。

しかし、所詮は軽トラ660ccエンジン。
基本的にでこぼこ山道は苦手だ。

だから、他の車につられて、舗装のされていないちょっとダウン気味の
坂などに侵入するのは絶対にやめておこう。
間違いなくあがってこれないし、横倒れしてしまうことも。

本当にでこぼこ道には弱いので、ひたすら舗装道を走るべし。
このあたりは神経質になったほうがベター。

他の車が難なく入っている川原に大丈夫だろうと入り込み、
その段差で横倒れしそうになたことがあった。

しかし、私のラクーンはこのワイドタイヤにいろいろ救われている。

だから、自然の中で楽しもうという人は、ワイドタイヤと
サスペンションの強化は必須だろう。




kcamp at 14:36│clip!性能と整備 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター