軽キャンピングカーのバッテリー

軽キャンパーのバッテリーは生活用電源としてはできるだけしっかりした
大型のバッテリーをセカンドバッテリーとして設置しよう。

このあたりは、ビルダーに問い合わせて事前に確かめて置くのがベスト。

このように、しっかりしたセカンドバッテリーを設置しておけば、
バッテリーは意外に持つもの。

20090925115608
  大型のセカンドバッテリー

一つの例として、ラクーンの場合のサブバッテリーは105A。
36Wの電気製品であれば、車のシガーソケット12V電源で
3アンペアとなる。したがって、35時間持つ計算だ。

実際、ルーフに取り付けた大型のファンを消し忘れ、二日二晩
回し続けていたが、バッテリー切れはしなかった。
これにはちょっとうれしビックリ。

さらに、シガーソケットは車内用として二つあると便利。
市販の電源コンバーターはキャンピングカーを想定していないため、
最大でもワット数が200Wであるものが通常。

でも、シガーソケットが二つあればMAXで400Wまで使えるので、
室内ファンやパソコンなども余裕で使える。

なお、停泊する前にはしっかり走り回って、フル充電しておこう。

もちろん、アイドリングでの充電もできるが、軽キャンパーたるも
のエコにも気を配ってほしいものだ。




kcamp at 14:41│clip!性能と整備 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター