軽キャンピングカーのオイル交換

通軽キャンピングカーに限らず、新車の場合2回目までのオイル交換
は早めにおこなうことが必要。

具体的に数値としては、3000キロ、次は6000キロといったところ。

私の場合初回は3500キロ交換でガソリンスタンドの店員もびっくり
するような真っ黒、黒のオイルがダラッ~とでてきた。

そのためエンジンをクリーニングしたが、7500円の余計にかかって
しまい、もっと早く交換しておけばと思い後悔。

詳しいことは分からないが、エンジンに負担がかかるような山道など
を多く走行したため、オイルの汚れがひどくなったのかもしれない。

このままオイル交換せずに7000キロくらいまで走っていたらと思うと、
ちょっとゾッとした。

現在の走行距離は11,000キロ、これで3回目のオイル交換でこれ
また真っ黒のオイルがダラッ~と。

一般に自動車のオイル交換目安は7~8000キロといわれている。

しかし、キャブコンタイプの重量がある軽キャンパーの場合、
その目安は5~6000キロ程度でないかといった実感である。

余談だが、ラクーンの新車引渡し時のタイヤ空気圧は左右バラバラ
の状態だった。(後輪ワイドタイヤで右3.7、左は4.2)

左右のバランスが悪いなと思いながら高速走行していたのだが、
新車の引渡しを受けたらまず、空気圧をチェックすべし。



kcamp at 14:43│clip!性能と整備 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター