軽キャンピングカー 不具合(2)

ラクーンの新車で実際に起きた不具合を列挙しておく。
(いずれも3000キロ走行内に実際に生じたもの。)

1)後部ドアのネジが外れ走行中に開いた。
走っている最中に後部ドアがブラーンと開いてしまった。
調べてみると後部ドアの留め金ネジが外れてしまっている。
そのネジは内側から締めるタイプのもので素人にはどうにも
ならなかった。

2)窓の鍵ネジが外れた。
窓の鍵ネジが外れ、締めてもパカパカで閉まらない。
仕方がないので、瞬間接着剤で貼り付け修理完了。

軽キャンピングカーの居住部分には、車高が高いこともあってか
微妙な振動が共振として生じるようだ。
このあたりの留めネジ締めはしっかり事前に製造元に確認してお
こう。

3)窓開けが固くて、毎回苦労する。
これは本当に硬くて、とても大変だ・
私自身、片手で80キロバーベルを上げられるだけの力がある
が、それでも毎回やれやれと苦労する。
油などをさしては見たが、一向に改善されない。

4)ベットソファが倒れてくる。
ソファの背もたれを外して並べることでベットにするタイプで
ある場合、走行時にそれらが倒れてきたりする。

5)電源用シガーソケットが落ちてくる。
両面テープで止めてあるだけなので、もっとしっかりと固定して
ほしいものだ。

6)雨上がり時に走行をスタートするとき、屋根に溜まった水が
多量に流れ落ちてくるので、窓を締めていないと室内が水びたし
になる。(不具合じゃないかな。)

7)雨降り時にサイドオーニング(巻き取り式の突き出し屋根)
は役立つがドアとの隙間から屋根からの水がもれてきて困る。

これはビニールシートを結合部分に掛けることである程度防げるが、
突然の雨降り時にはとても面倒。

(番外編)
タイヤ交換のレンチを確認しようとして、あまり走らない内に偶然
発見したが、左座席下のエンジン部に防塵マスクが放置され、半分
焼け焦げてた。作業したときの置き忘れと思われる。




kcamp at 20:37│clip!装備とオプション 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター