軽キャンピングカー 電源パネル

軽キャンピングカーの電源操作で一つ困ったことがある。
それが、キャビン内の電源管理だ。

運転席側から電源のオン・オフができないのだ。

室内のルーフファンや電源を切り忘れて、運転席に入ってしまった
ときはキャビンまで電源を切りにいかなければならない。

突然、雨が降ってきたとき室内のルーフファンをオンにできない。
暑くなってきたときも同じだ。

このように電源パネルの位置というのは意外に気にされていない。

たとえば、室内レイアウトによっては電源パネルの位置がテーブル
とシンクの間に隠れていたりする。(ラクーンの場合)

腰をひねって机の下を覗き込むようにしないと電源パネルに
手が届かない。

これもけっこう厄介だったりする。

キャビン室内に2つある電源用のシガーソケットも、両面テープで
取り付けてあるだけなのですぐ取れてしまう。

このように電源パネルは意外に気配りがされていないのでもう少し
気を配ってほしいものだ。

腰をかがめて動くことが多い軽キャンピングカーの室内ではこれが
意外とポイントだったりする。

なお、このような不便さを改善されるツールも販売されているが、
これをオプションで付けてほしいところだ。




kcamp at 20:39│clip!装備とオプション 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター