軽キャンピングカー 不具合(1)

購入した頃の軽キャンピングカー ラクーンの不具合といえば、
3000キロも走ってないのにキャビンのドアが走行中にブラーン
と開いてしまったことがあった。

           ///////////////////////////////
           豊富な車中泊グッズ

           ///////////////////////////////

調べてみると後部ドアに、2つある留め金の内上部のネジが外れ
てしまっている。

しかも、それは内側から締めるタイプのもので素人ではどうにも
ならない。
このような状態で何百キロも走って帰れ、とでもいうのだろうか。

前々からドアの閉まりが良くなかったり、ロックを外したのに開け
ずらかったりと、問題を起こしていたが、まさかネジが外れていた
とは。

そこで、秘密兵器、ガムテープの登場。
これで、しっかり留め金部分を固定したところ、応急処置完了。

さっそく、写メ添付で状況をビルダーにメール送信。
以下のようなお答えが、返ってきた。

--- ここから
> エントランスドア内側のまわりに付いております化粧枠(グレーの
> レザー)が付いております。
> 流し台とドアの間の部分が脱着可能です。
> その部分をドライバー(+)で外して頂きますと、
> 外れたネジが確認出来ると思います。
> 先端の細いペンチなどで締め込んで頂ければ
> 大丈夫だと思います。
--- ここまで

そこで、自宅に戻りさっそく修理にトライ。

仰せの通り、ドア付近の化粧枠まで解体してみたものの素人ではとうてい
無理な話、いやこれは、絶対無理だ。
(TVチャンピオンの手先器用名人なら可能かもしれないが。)

ビルダーへのお願い:
軽キャンピングカーの内部は、かなりの揺れや振動にさられるわけで、
ネジ留めだけはしっかりとやっておいてください。




kcamp at 20:52│clip!装備とオプション 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター