軽キャンピングカーのオプションと優先度

軽キャンピングカーのオプションにおいて何を優先されるかは
費用対効果の面からもとても大切です。

           ///////////////////////////////
           豊富な車中泊グッズ

           ///////////////////////////////

そこで、管理人が実際にラクーンにオプション装備したものの一覧を
下記に表示しました。
これらは、実際に使ってみて、“役立ち優先度”の高いものから
順に「◎○△×」で評価しています。

ワイドタイヤ
(¥90,000)
高速時走行はもとより、これがあることにより抜群の走行
安定性を実現している、すばらしい。

○F強化スプリング
(¥30,000)
山道でこぼこ走行時に威力発揮)

△バックアイカメラ
(¥40,000)
モニターが別途必要で取り付ける必要があるため、実際には未だ
使っていません。使用すればバックでギリギリまで車庫入れできるので便利。

×4WD
そもそも軽トラエンジンのパワーのためか、効果を実感できない。
特に、4WDに切り替えて、ハンドルを切り返すと、詰まってしまう感じで
車輪がうまく回らない。

◎サイクルキャリア(裏技フリー)
ゴミ箱や外部収納ボックスも設置できるし、
水タンク設置可能、その他アイデア次第では居住スペースを
効率よく、格段に広げることができる。

◎マックスファン
(¥62,000)
猛暑時はこれで室内の空気を攪拌(かくはん)させるとけっこう涼しい。
雨天時は運転席から吸気された空気を車外へ排出させれば、室内を
ドライな環境に保つことが出来る。雨に濡れた服を室内で乾かすこと
もできてうれしい。

◎電源用シガーソケット2つ(サービス無料)
これは必須ですね。

○サイドオーニング
(¥90,000)
日よけ、雨よけに必須。
雨天時の締め切った室内の息苦しさから開放させてくれる
居住スペースを体感的に広げることができるというメリットもある。

※ただし、サイドオーニングと上部ドアの間から雨水がけっこう
流れ落ちてくる。これがなかなか厄介。
取り付け前にその点をビルダー側に要確認。
思うように値引きに応じてくれいないようであれば、この点の改善
を無料で行ってもらえるよう交渉してみるのも一つの手。

○ステレオスピーカー(裏技フリー)
別途運転席ないでの配線が必要であるため、実際には未だ使っていません。音楽好きな方はどうぞ。(居住スペースリアに設置)




kcamp at 20:54│clip!装備とオプション 
全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター