キャブコンとバンコンは天と地ほど違う

バンコンのほうが、50万~100程度安いのが相場です。
ただ、それだけの理由でバンコンを選んでしまってよいのでしょうか。
実は、キャブコンとバンコンとはまったく違うのです。
キャブコンは“家”であるのに対し、
バンコンはあくまで“クルマ”というように考えてください。
キャブコンとはトラックの台車にキャビン(居住スペース)を搭載
したキャンピングカーのこと。
つまり、バンコンは“車中泊”の延長上にあるのに対し、
キャブコンは“家に住む”といったイメージでしょうか。

私の知り合いに、キャブコンを停めてある駐車場にポスト作ってし  
まった方がいたのですが、そんな錯覚にも陥いってしまうほどです。
実際、バンコンからキャブコンへ乗り換える方はけっこうい
ますがその逆はまずいません。それだけの違いがあるわけです。
この辺りの違いを実際に試乗して感じほしいと思います。
そのうえでどちらにするのかを決めてみてはいかがでしょうか。
安易に値段だけでバンコンを選んでしまうと
「あ、あ~最初からキャブコンにしておけばよかった」
といったことになりかねません。
キャブコンは、ラクーンのような車高が高いタイプと
テントむしのようなポップアップルーフのタイプに大別されます。
ポップアップルーフであればキャブコンでありながらにして
軽自動車登録が可能ですし、自動車保険の取得も楽でしょう。

車両本体の価格はどちらもあまり変わりませんが、
後々かってくるアフターケアの費用かなり違ってきます。
ですから、一つの判断基準として釣りなど、
車中泊をもう少し快適にしたいというのであればバンコン。
軽自動車登録の恩恵を受けながら、
なおかつキャブコンの快適空間を手に入れたいということで
あればテントむしに代表されるポップアップルーフタイプのキャブコン。

そして、本格的な動く“住む家”や“事務所”手に入れたい、
なおかつ都会ではあまり乗らないが、旅をしているときは自宅に
いるような感覚でストレスなく生活したいというのならば、
車高タイプのキャブコンを選ぶ、ということになるでしょう。

さて、一般的にはバンコンよりキャブコンのほうがかなり高いのですが、
中には値段がとても安い車高タイプのキャブコンもあります。
それが何を隠そうYADOKARI(やどかり)です。
なんと本体価格が150万程度。
しかも、しっかりしたキャビンを持つお買い得“キャブコン”です。
見かけは不恰好ですが、そのことさえ気にしなければお勧めです。
これなら、予算がなくてもバンコンのMYBOXなどより安いですから。

このようなYADOKARIのような選択肢があることも頭の片隅にいれてご
自分のライフスタイルと予算にあった軽キャンを
選んでみては、いかがでしょうか。



全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター