ムダのない軽キャンピングカーの選び方

予算が少ない場合(~100万円未満)はどうしたらよいでしょうか。
極端に少ない場合は、やはり安い軽の中古車を購入して自分で改造す
るのが一番です。軽自動車を自作改造しプラス30万円くらいで快適
な車中泊スペースが出来ます。
最近では車中泊用に様々なものを販売しているサイトもあってけっ
こうな盛り上がりをみせていたりと、以前に比べて格段に改造がし
やすい状況が生まれています。
ただ、ポップアップルーフを取り付けるととても高くかかってしまいます。

次の手立てとしては、旧式のバンコン中古を探す方法があります。
中古バンコンで有名なサイトはここですね。
30万円代からバンコンの中古車を販売しています。

ただ、新しいタイプのものだと、中古といえども、100万円を超えてし
まうものがほどんどで、新車とあまり変わらなくなってしまいます。
そこで、もう一つの手として、ビルダーへの持込み、改造依頼があります。

たとえば、WATABEE(ワタビー)のビルダーであるMYS ミスティック
では80万円位から持ち込み架装してくれます。
そうすれば、軽の中古を安く手に入れさえしておけば100万円以内で
立派なバンコンを手に入れることができますよね。
また、100万円~150万円程度の予算であればそこそこのバンコン
は手に入ります。MINKUU(ミンクー)の新車が手に入りますよね。
そして、100万円そこそこで、どうしても本格的な
軽キャンピングカー生活を楽しみたいいう方ににお勧めなの
が着脱式のキャブコンです。

これには現在のところ2車種があります。
まず、YADOKARI(ヤドカリ)です。テントむしで有名なバンシ
ョップミカミがビルダーとなって販売しています。
このYADOKARIは車高が高いキャブコンでありながら、
軽自動車登録ができる優れものです。
これはもっと人気がでてもよさそうなのですが、
やはりデザイン的なところがネックになっているのかもしれません。

個人的には、テントむしより遥かに費用対満足度が高いと思います。
YADOKARI(ヤドカリ)のシェル本体価格が98万円ですから、
安い軽トラの中古を入手して荷台に搭載してもらえば、
100万円そこそこで立派な軽キャンピングカーが出来上がります。

そして、これは凄い!と思ったのが、Mini Popです。
文字通り、軽トラの荷台に載せるタイプのもので元祖
「軽トラキャビン」とでも呼べるのでではないでしょうか。
しかも、ポップアップ式の着脱方式です。
価格はなんと120万円!~これは凄いですね。

積載可能車(Mini Pop)
・スズキキャリートラック
・マツダスクラムトラック
・ダイハツハイゼットトラック
・三菱ミニキャブトラック
・日産クリッパートラック
・ホンダアクティトラック
・スバルサンバートラック

わたしが、もしラクーンより先にこのMini Popに出会っていれば
こちらのほを買ってしまったかもしれません。
ただ、見た目もさることながら、あまりにもワイルドなので
少し恥ずかしいかもしれませんね。



全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター