軽キャンの空気圧を勝手に抜く高速SAガソリン店員(怒)

軽キャン ラクーンの空気圧 は通常は前輪後輪とも3.5だが、
後輪ワイドオプションの場合は4.5になるので注意が必要だ。
そもそもベース車である軽トラの空気圧は2.5なのでワイド後輪とも
なるとその2倍となるのでこれはなかなかのものである。
特に遠出をする場合は高速利用となるので事前チェックが不可欠。

さて、これを知ってか知らずか、高速SAのガソリンスタンドで
勝手に空気圧を下げられることがあるので要注意。
特に、オイル交換を任せて戻ったとき、どういうわけか車が沈んでいる(笑)
というのも、運転席側ドアの閉め口にベース車としての空気圧が表示され
ているためこれをみた店員がご親切にも空気圧を下げてしまうといことが
あるのだ。(北九州の高速SAにいる妙に親切な店員さんとか。)

これはオートバックなど専門ショップであっても起こりえるので
事前に必ず空気圧のおとは伝えておく。
ちなみにオートバックのピットの高さは2.6MはOKなので
ラクーンはギリで問題なし。

たまに地方のオートバックにいったとき車高の件で引き受けできない
といわれることもあるが、そんなときはしっかり粘って説明しよう。

まあ、テントむし、kei-ai だったら問題なさそうだが。
ちなみに、ラクーンのベース車はスズキ かマツダで選べる。
ただ、マツダの軽トラであるスクラムは スズキのOEMであるようだ。
私はスズキのマークがダサかったので、マツダにしたがこれが大正解。
13万キロ走ったあとでもとてもエンジンの調子はいいのだ。
OEMだと逆にパーツがよいといこともあるのだろうか。。






全日本車中泊連盟(Facebook)
ツイッター